相続法

相続には民法の相続法により規律が定められています。

 

相続法とは、自然人が死亡した場合、その人の財産を処分するために定められた法律です。
相続は当事者が志望した段階で開始され、財産分割協議から実際の遺産分割への流れとなります。

 

 

★相続まめ知識@相続財産を継承する方法について

 

日本の遺産相続には2通りあって、遺言状がある場合となくて、民法の法律にそって手続きが行われる「法定相続」の2パターンがあります。

 

遺言状というのはよく聞く言葉だと思いますが、日本の相続では法定相続のほうが多いと聞きます。

 

やはり、自分が死ぬことを想定してない人が多いということでしょうか?
「死」は突然におこるものですので、遺族に残せる財産のある人は是非作成したほうがいいでしょう。

 

 

★相続まめ知識A法定相続について

 

法定相続とは、「遺言」がない場合に、民法のルールを元に行われる遺産分割のことです。
遺言状が見つからない場合や、ない場合などは、この法定相続に従って手続きが行われていきます。

 

相続問題は、遺族間で争いの元になりやすい大事な問題です。
それが元で関係にヒビが入るコトだってあると思います。

 

それを防ぐために、法定相続というやり方が認められていて、民法の相続法というものが存在するのですね。

お役立ちサイト

相続を大阪でお悩みなら、是非、専門家へご相談ください。相続対策、遺言、遺産分割、実績多数、親身のアドバイス。
http://www.takenaka-souzoku.com/

最新記事

相続

雑記

 
相続まめ知識
Copyright  相続まめ知識  All Rights Reserved
ページの先頭へ