大阪観光

大阪観光

 

大阪観光 > 大阪観光

阪急電車

阪急電車

阪急電鉄は、大阪の梅田と神戸・宝塚・京都の各方面を結ぶ関西エリアの主要な私鉄の一つです。
ごく普通の私鉄であり、通勤や買い物など沿線住民の普段の足として親しまれており、やや高級路線を意識した沿線の雰囲気はどことなく東急電鉄と近しいものを感じます。ただ、一見どこにでもある私鉄の1路線であることに変わりはありません。


ただし、この阪急を一躍有名にしたのは、その名もズバリ「阪急電車」という有川浩さんの小説及びその小説を原作とした映画でしょう。
大ベストセラーとなった「阪急電車」は、この阪急沿線の住民の日常を切り取ったほのぼのとした傑作であり、2011年の映画化の際には舞台となった西宮北口駅から宝塚駅までの間はファンが大挙して訪れる話題のスポットとなりました。


その影響でしょうか、失恋した女性が阪急電車に乗るといつの間にか前向きになれるという都市伝説(?)まで飛び出し一種パワースポット的なブームを巻き起こしたこともあります。
ブームが一段落した今ではさすがにそこまでの観光客はいませんが、それでも沿線の住宅街を楽し気に散策している人達をファンらしき人を見かけることはあります。


また、阪急電車の濃い小豆色の車体は、落ち着きのある優雅な雰囲気を醸し出す役割も担っています。
大阪から神戸方面、京都方面へ向かう際、時間だけを考えるならJRの新快速が一番なのでしょうが
たまには気分を変えて阪急線で車窓から見える景色を楽しんでみるものいいものですよ。

メニュー

 

Copyright 大阪観光 All Rights Reserved.